事業内容

警備保障への取り組み

当社では、「警備保障」に真剣に取り込むため、各種研修を通して模範礼式・接遇マナーを身につけ、危険を察知・回避するリスク管理能力の向上を図る訓練を継続して行っております。善和警備保障でカバーしきれない警備内容にに関しましても、協力警備会社との密接な連携で責任を持って対処できるようネットワークを構築しています。

毎日、現場に入る前に確実な伝達と情報を共有化。日常の巡視、点検において、声かけ・相互確認・検討を怠らないよう注意喚起しております。万が一事故が発生した場合の事故処理連絡体制を敷いており、迅速かつ的確にお客様の安全を確保して参ります。

公共工事

電気・水道・ガス等の工事は規模は小さくても頻繁になされるものなので、地域の皆様に負担をおかけすることになります。危険を最小限に押さえ、自己の発生を警戒し、防止する役割を果たします。

民間工事

建築現場では工事車輌の出入が多く、他の車両や一般歩行者に迷惑を及ぼすことのないよう、誘導を行います。
騒音も大きいので、確実に誘導できるような大きな動作が必要とされます。

イベントの参加者誘導

多くの人が一時的に集まるスポーツイベント、屋内・屋外のイベント、展覧会やお祭り等ではそのイベントの参加者歩行者の誘導、案内を行い過密状態を回避したり緩和します。イベントの規模によっては広報業務、案内板の設置等の事前の準備をすることで、よりスムーズな通行が確保されることになります。不審物の発見や緊急時の対応も必要となりますので、状況に応じて適切に対処できるよう訓練も必要になります。